end-of-month月末

商品番号
p001
商品名
天然酵母パン
内容量
480g前後
販売者
総合自然食品店ふきのとう
生産地・生産者
製造者:大橋加奈子
保存方法
冷凍保存(解凍は常温にて自然解凍)
原材料名
有機JAS認証強力粉(北米産/カナダ産)、エリクサー水、有機砂糖、有機米油、蒙古塩、白神酵母
商品価格
864円(税込)

■有機小麦粉の天然酵母食パンできました。

当店のお客様でもある大橋さん、ご主人の病気を境に食べ物の重要性を認識し、このたびオーガニック小麦粉(強力粉)による食パンを作ってくれることになりました。
 
以前はフイットネスクラブのインストラクターで神経や筋肉の勉強や足圧の資格も持っているそうで、なかなかの頑張り屋さんです。
 
今年からキッチンカーを購入してパン専門の製造を始めました。
10年前から跡継ぎをしながら趣味で自家酵母でパンを焼いていたそうですが祖父の代から畜産業をしておりますが、今年から無肥料栽培を勉強していずれは
かぼちゃを中心に栽培して行く覚悟です。

国産小麦や道内産小麦の方が輸入小麦より安全性は高いですが、問題な面ありますのでぜひ、一度召し上がって見て下さい。

■妥協を許さない職人肌です、

大橋さんは生業としてパンを作るにあたり、材料をいろいろ調べていて輸入小麦はまったく使えないと思っていたそうです。
 
『ポストハーベスト農薬』遺伝子組み換え農作物』そして何度も週刊誌に出ていた毒性の強い『グリホサート』
 
EUではかなりグリホサートを使う雑穀は輸入禁止や使用基準が厳しくなっていますが日本だけは逆に6倍も緩和されたのです!
 
国内ではホームセンターでも「ラウンドアップ」名で販売されていて農水省もまったく規制していないのです。

■1斤(480g前後)の大型サイズ

平成24年から従来の日本パン公正取引協議会が任意表示から必要表示事項として義務表示になったそうです。
 
それによりますと「1斤340g以上500g未満」となり、170g以上が半斤、510g以上が1.5斤となりました。

■食パンの切り方

画像は無漂白の有機JAS認証強力粉
 

食パンを切るとボソボソになり、特にサンドイッチ用に薄く切る場合はきれいに切れない方が多いようです。
 
刺身をカットするときのように向こうから手前に押し切るとパンはボソボソになってしまいます。
 
逆なんです。
 
日本の包丁は「食材を手前に引く」様にできていますが、パンの場合は逆に「手前から奥に包丁をスライスさせる」様に切るときれいに切れます。
その際、包丁を下に力を入れないでただ奥に押す様にするときれいに包丁が下まで行きます。ただ、焼きあがったばかりのパンは柔らかいのでよほど切れるパン用の包丁でないとつぶれてしまいますのでご注意を。

開催中のキャンペーン